読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSHでVirtual box上のDebianに接続(前編)

SSHはセキュアシェルの略らしい。読んだとおり安全な通信をできるシェルなのだろうか?

Wikiによれば『Secure Shellとは暗号や認証の技術を利用して安全にリモートコンピュータと通信するするためのプロトコル。パスワードなどの認証部分を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化される。』とある。だいたい読んだままであってるみたい。

SSHでVirtual box上のDebianに接続手順

1 sshをインストール

# aptitude update
# aptitude install ssh 

2 ホームディレクトリに.sshというディレクトリがなかったら作成

3 .sshで鍵を作成

$ cd ~/.ssh
$ ssh-keygen -f client_rsa -t rsa
Enter passphrase: パスワード入力
Enter same passphrase again: 再度パスワードを入力

4 .sshのディレクトリに鍵が2つできていることを確認

$ ls ~/.ssh
client_rsa  client_rsa.pub

client_rsaとclient_rsa.pub

client_rsa
秘密鍵を指します。認証時に使うため、リモートアクセスしたいクライアントに保存しておきます。

client_rsa.pub
公開鍵を指します。サーバ側に登録して設定変更することで鍵認証でのリモートログオンが可能となります。

ここまではスムーズに進んだんです。ここまでは・・・。後編に続く。